English Page    Japanese page

GridWindMusiciconGridWindMusic

自動作曲・演奏ソフト

GridWindMusic
アンビエントな音楽やスローテンポな音楽を自動的に生成して演奏するソフトです。(フリーウェア)

特徴

・自動で長時間の再生が可能
・聞き流せるような心地よいBGM
・MIDIポートを使って他のソフトや外部音源を駆動可能
・ビジュアル機能

Mac

GridWindMusic_mac.zip 4.8Mbyte

対応OS / MacOSX 10.7以上 IntelMac

対応言語 / 日本語・英語

バージョン / 3.1.10

Windows

GridWindMusic_windows.zip 12.5Mbyte

対応OS / Windows7以上

対応言語 / 日本語・英語

バージョン / 3.1.10




サンプル曲


説明

GridWindMusicは、アンビエントやゆったりした曲を自動的に作曲し演奏させることができるソフトです。また長時間、ハードやOSが落ちない限り、延々と演奏させる事ができます。
 開発のコンセプトには、公共的な空間のバックグラウンドの音楽としての使用や、ゆったりとして過ごしたい時のBGMというような要素があります。
 日常生活は忙しいですが、何か時にはぼんやりとして休息したくなるときがあります。そのひとときのための音楽のひとつとしてお選びいただけるとうれしいです。
 ソフトの特徴として、ピアノやギターやストリングスなどの音域の広い音色の方がよく聞こえると思います。また、ドラムセットなども鳴らせますが、この場合は音域を狭める設定と、その音域を上下にスライドさせることによって、めちゃくちゃな鳴り方を押さえています。
 基本的に、操作して希望のデータを得るソフトではなくて、自動で演奏させて、聞き流して使うようなソフトだと思います。ですから、あまりいじれるパラメータは無く、一期一会で出会う即興演奏の楽しさに近いと思います。
 デフォルトでクイックタイムミュージックシンセサイザーを使って鳴らせますが、新しいバージョンではMIDIポート出力を搭載したので、DAWのGarageBandやLogicなどで、GridWindMusicから送信したMIDIデータをOSXの内部MIDIポート・IAC Driverを経由して受信したMIDIデータで音源を鳴らすことができます。また、ハードウェアのMIDI楽器や外部音源も鳴らすことが出来ます(MIDIインターフェースが必要です)。
 また、Wifiのネットワークで、Audio MIDI設定.appでネットワークのドライバーをセットすれば、iPadやiPhoneの音楽ソフトにデータ送信させて演奏出来ます。
 今回、数年ぶりのバージョンアップでは、演奏の心臓部の部分に大分手を入れて、聞きやすい音になったと思います。

 お楽しみ下さい。(開発者 Kazuto Ohshima)

Amebaroid



Moon Lit ブログ

Xojoサンプル

回転で値を取得するカスタムコントロール

Max関係

Max パッチ


問い合わせ

メールフォーム

Music

Water Visons
更新履歴